社長が見るブログ

若手社長、これから起業する社長が読めば、目から鱗

      2017/07/28
財務_管理

経営者として知っておきたい財務管理の基本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

「財務管理」という言葉は耳にする機会があるものの、正しい意味がよくわからないという経営者もいるかもしれません。

実際、財務会計など類似の言葉もあるので混同しやすい側面もあるようです。

ただ、財務管理は企業を運営する上で必ず知っておきたいワードのため、今回は基礎事項をわかりやすく整理していきます。

なぜ財務管理が必要なの?

まず、「財務管理」という言葉は、「財務会計」や「管理会計」と混同されがちです。
似たような言葉があるために、正しい意味がわからないまま過ごす経営者も少なくありません。

小さな会社や、家族経営の小規模な事業・会社であればわからなくてもなんとかなってしまう部分もあるでしょう。
ただ、経営において必要な最低限の知識のため、きちんと知っておく必要性があります。

①財務管理:経営管理の一種。資金調達・資金運用などの計画を立て、遂行していく活動のこと。
②財務会計:企業の経営状態について、外部の利害関係者に開示するための会計業務。
③管理会計:社内で用いる会計で、形式が定まっていない。事業におけるデータを収集・分析して、実際の数字と照らし合わせながら経営方針や目標を決めていく。

上記のように、この3つのワードには意味の違いがあるのです。

今回取り上げる財務会計は、資金調達・運用にフォーカスした事項。資金をうまく調達できなければ、売り上げがあってもキャッシュがないという状態になってしまいます。

最悪の場合、従業員の給料を支払えないという事態に直面してしまいます。規模が大きくなると、いよいよお金の流れを把握できなくなるため、資金の管理は重要な位置付けになるのです。

資本の調達と運用の基本

資金を上手に調達することは経営において必須の作業。企業の成長・発展を資金の面からバックアップしていくのが財務管理の基本です。

まず、財務管理といっても基本はその会社の経理で得られる情報が重要。経理と財務管理は密接な関係にあります。

経理の記録を確認することで、資金が収入として入るタイミングと、取引先や従業員への支払いなど支出が生じるタイミングがわかるようになります。
このお金の流れがわかっていなければ、いつ、どのくらいのお金を調達すれば良いのかがわかりません。

財務管理の基本は経理の情報にあるということができるでしょう。実際、財務管理を会社の経理が担当しているケースも少なくありません。

資金の運用に関しては、短期的な視点での運用と、長期的な視点での運用に大別されます。

例えば売上金などは短期的なスパンでキャッシュとして入ることになりますが、ここで不足分があれば銀行から借り入れることが必要になります。

一方、長期的なスパンで考えたときの資金もある程度必要で、こちらは銀行から借り入れたり、社債を発行したりなどして用意します。

こうした長期資金は、設備投資・増改築などに使っていくことになるでしょう。

資金繰り表を使って管理

資金の調達と運用を行うとはいっても、会社の規模が小さければ頭の中でできるかもしれませんが、実際に会社組織が大きくなってくると情報を正確に整理していく作業が必要になります。

お金の管理をしっかり行うためには、どんぶり勘定は危険なのです。

会社にお金がどのように回ってきたのか、それがどのように支出される見込みなのか、お金に余裕が出てくるタイミングはいつなのか、といった具合で「資金表」を作成する必要があります。

多くの企業で使用している資金表はお金の管理に役立ちます。
中でも資金繰り表は一番扱うのが簡単なので、小企業の経営者であっても導入したいところです。

最も簡単な資金繰り表引用元:
http://www.shibata-office.jp/article/13964836.html

こちらの表のように、資金繰り表には前月繰越・収入・支出・翌月繰越といった項目があります。こうした項目で管理していくと、いつ・どのくらいのお金が必要なのかを把握する手がかりになります。

こうした表で数字をしっかり管理していくことで生じるメリットはいくつかありますが、最も重要なこととしては、売上があるのにキャッシュがない、いわゆる「黒字倒産」のリスクを回避できること。
取引先への支払いがキャッシュでできなくなると、対外的な信用を失います。

実はもう一つメリットがあり、会社の中で生じるお金の流れに無駄がなくなることがあります。

例えば、売上代金の回収は早い方が資金調達がスムーズになると判断されれば、請求書の締切日や回収期日を検討することができます。また、借入金を最小限に抑えることで、金利を抑えることができるというメリットもあるでしょう。

そうした意味でも、資金繰り表でしっかり管理していくことは重要なんです。

財務管理のまとめ

小さな会社ではどんぶり勘定にしていることも多いですが、いざ手持ちのお金がなくなってしまうと信用を失ってしまいます。

しっかり数字で管理することで得られるメリットも多いので、財務管理という意識を持つことが大切です。

ただ、財務管理の基本や経理にあるので、こちらもきっちりと管理していくようにしましょう。

 -資金調達 ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
数字に弱い経営者の方、必見。 ランディングページイメージ

あなたは、決算書を読み解く作業、例えば数字やデータを見て、現状の問題点や仕入れや経費に使われている額を頭にインプットするという作業に月に3時間以上は費やしていると思います。

実は、シーマグというツールを使うと、文字だらけの決算書の内容を、「ぽいっ」とファイルをアップロードするだけで分かりやすい表やグラフに変換してくれます。

しかも、決算書等のデータは普通、会社の中で睨めっこする事が多いと思いますが、このツールを使うと、スマートフォンでも確認する事が出来るので、外出先や電車の中、ジムでもランチ中でも、どこでも会社の数字を把握する事が出来ます。

表やグラフでカンタンに会社の数字を把握する事が出来るので、決算書を見るのに時間がかかっていた方、そもそも読み解き方がよくわからない方でもカンタンに会社の数字を把握する事が出来ます。

どなたでも無料で使う事が出来ます。

シーマグは無料で使う事が出来ます。
下記のボタンから無料登録ページへ移動して頂き、メールアドレスでカンタンに登録してすぐに使う事が出来ます。

シーマグを無料で使ってみる