社長が見るブログ

若手社長、これから起業する社長が読めば、目から鱗

      2016/03/17
meeting_10

起業家は必見。帳簿の付け方で気を付けないといけない3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

白色申告と青色申告の違い

個人事業の確定申告には、家計簿をつけるのと同じ要領で大まかに帳簿を付けるだけでいいけれども特別控除のない「白色」と、取引の帳簿を細かく記録しなければならないけれどもその分控除額が多くなる「青色」の2種類があります。

さらに青色申告は帳簿の付け方により特別控除の金額が10万円と65万円に分けられているので、選べる方法は全部で3種類あります。

これまで経理の経験がまったくなかったり、まだ個人事業での収入が少ない場合は白色申告で充分だといえます。

特に経費が少額の場合も、経理の事務に時間をかける利点がそれほどないことから白色申告が向いているといえます。白色申告の帳簿は手間の少ない単式簿記で大丈夫です。

反対に経理事務に時間を費やすことが出来、10万円を節税したい場合は青色申告を選びます。特に不動産や株式から収入がある場合はどのみち決算書の作成が必要なので、青色申告を選んだほうがお得になります。

青色申告でもこの10万円の特別控除の場合は単式簿記で、白色申告よりも少し多い種類の帳簿を作成すればできます。

青色申告では最大65万円の特別控除を受けることができますが、これには正式の複式簿記で毎日の取引を記帳する必要があるので、10万円の控除の場合と比較すると事務負担が膨大になります。

しかし、人件費を経費にできる法人会社や、会計や税務に詳しい人がいる場合、高額の資産を事業に使っている場合などは受けられる利点を考えると65万円の特別控除を選んだ方がいいでしょう。

65万円の特別控除を狙う場合には、発生主義で複式簿記をつける、領収書や請求書・銀行振り込みの控えなどをとっておくことが必要です。

また、この帳簿や領収書などは7年間の保存義務がある点にも気を付けなければなりません。

提出期限

すでに事業をされている個人事業主の青色申告書の提出期限は原則として3月15日です。ただし3月15日が土・日・祝日のいづれかに該当する場合、それらの日の翌日が期限となります。

1月1日から1月15日の期間以降に事業をされる場合は開始日から2か月以内が提出期限となります。提出期限までに納税地を管轄する税務署へ提出が必要です。

また青色申告をするためには固定資産台帳、総勘定元帳、仕訳帳の3つの帳簿の提出が必須です。そこで帳簿付けの3つのポイントを下記に紹介します。

まず65万円の控除を受けるためには正規の複式簿記の原則で記帳しなくてはなりません。複式簿記とは貸借対照表と損益計算書を作成できる記帳方法のことです。

これを作成するに当たって損益計算書の勘定科目を使用するのに一定のルールを決めておくのは1つ目のポイントです。

毎年同じ勘定科目で処理をすることで収支の比較や経営状態の比較がしやすくなります。

2つ目は主要簿に加えて補助簿をつけておくことです。補助簿には今会社にどのくらい現金があるかなど個別情報を総勘定元帳から一瞬で把握できるので経営状態を数字で把握することができます。

補助簿としては現金出納帳、普通預金出納帳、売掛帳、買掛帳、賃金台帳、固定資産台帳が挙げられます。

3つ目は会計ソフトを活用することです。会計ソフトの1番のメリットは帳簿間の転記を正確に行ってくれることです。

1つの帳簿に記入するとソフトがもれなく総勘定元帳に入力してくれます。そのため簿記の知識がなくても記帳できるので、経理にかかる手間が省け効率的に申告業務を進めることができます。

納税地

仕事をして稼いだお金には、原則所得税と呼ばれる税金が課せられます。

これは、どのような職種においても同様に徴収される税金で、働く人は全員支払っています。

この税金は、確定申告をして税務署に支払うことになっていますが、サラリーマンのように会社に勤めている人であれば、給料からあらかじめ天引きされていて、会社が代わりに納税してくれているので確定申告の必要はありません。

しかし、個人事業主の場合会社が代わりに行ってくれるといったことはないので、自分で申告する必要があります。

この確定申告の申請書には、納税地という欄があります。この納税地には、住所地、居所地、その事務所等の所在地という三つの項目があります。

基本的には、納税地は住所地となり、この納税地を担当している税務署に対して所得税を支払う形になります。

では、納税地が居所地となる場合はどのような場合かというと、国内に住所がなくて居所がある人とされています。

つまり、自分の住所は日本にはなくて、住所が日本以外の海外になっている人のうち、日本国内での居所があるという人がこちらに当てはまるということです。

納税するというのは、日本国民全員の義務なので、納税するときには間違いなく正確に指定された金額を納めなければいけません。

そのためにも、申請書類の記入項目が間違っているという事態は防いでおく必要があります。納税地も、自分の状況に応じて正しいものを申請用紙に記入しなければなりません。

納税地は、多くの人にとっては住所地と同じです。そうしたことをきちんと理解しておいた上で、正しい所得税の支払い方をしておかなければなりません。

 -会計 ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
数字に弱い経営者の方、必見。 ランディングページイメージ

あなたは、決算書を読み解く作業、例えば数字やデータを見て、現状の問題点や仕入れや経費に使われている額を頭にインプットするという作業に月に3時間以上は費やしていると思います。

実は、シーマグというツールを使うと、文字だらけの決算書の内容を、「ぽいっ」とファイルをアップロードするだけで分かりやすい表やグラフに変換してくれます。

しかも、決算書等のデータは普通、会社の中で睨めっこする事が多いと思いますが、このツールを使うと、スマートフォンでも確認する事が出来るので、外出先や電車の中、ジムでもランチ中でも、どこでも会社の数字を把握する事が出来ます。

表やグラフでカンタンに会社の数字を把握する事が出来るので、決算書を見るのに時間がかかっていた方、そもそも読み解き方がよくわからない方でもカンタンに会社の数字を把握する事が出来ます。

どなたでも無料で使う事が出来ます。

シーマグは無料で使う事が出来ます。
下記のボタンから無料登録ページへ移動して頂き、メールアドレスでカンタンに登録してすぐに使う事が出来ます。

シーマグを無料で使ってみる