社長が見るブログ

若手社長、これから起業する社長が読めば、目から鱗

      2017/04/28
クラウド会計

もう使ってる?クラウド会計で経理の効率をアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

昨今普及が進み、CMなどでもおなじみになってきたクラウド会計サービスは、中小企業を経営している方にとっては使い勝手の良い便利なツールと言えるでしょう。

クラウド会計といえば確定申告や請求作業のときに役立つというイメージがありますが、実は日々の経理業務においても便利な機能はたくさんあるのです。知って得するクラウド会計の機能についてご紹介していきます。

経理業務を効率化できる

クラウド会計サービスが急速に広まり、今では様々な機関と連携されるようになりました。代表的な例としては、銀行やクレジットカード会社などの金融機関とも連携しているので、お金の動きをそのままクラウド会計サービスに読み込んで記録することが可能なのです。事業用の銀行口座やクレジットカードを登録・設定することで、いつ、何にお金を使ったのか自動で読み込むことができるのです。昔は手作業で帳簿の記入を行っていましたが、そうした手間も一切不要になるのですから非常に便利です。

他にもクラウド会計サービスが連携している機関は多く存在し、交通マネー系ICカードやその他のレジアプリなど、多くのサービスの情報を読み込むことができます。お金の出入りをこれまで手書きや手入力で管理していた企業であれば、その違いに驚くことでしょう。

小規模の事業所でもなかなか帳簿付けまで手が回らず、税理士に依頼している会社も少なくありませんが、クラウド会計サービスを上手に活用すれば自分たちで処理できることも多くなります。クラウド会計サービスによって、従来の会計ソフトではできなかったお金の動きの記録が可能となり、経理業務が効率化されるようになったのです。

給与計算・給与明細の発行も可能

クラウド会計ソフトを使うと、毎月の給与計算も簡単に済ませることができます。これまで給与計算のために多くの時間とエネルギーを費やしていたという企業の方は要チェックです。

クラウド会計ソフトでは勤怠データを登録することも可能で、そうしたデータに基づいて自動的に労働時間を集計してくれる仕組みになっています。残業代・各種税金・保険料など諸々かかるコストも含め、自動で給与を計算してくれるので手間を省くことができるのです。しかも、計算結果を確認したら、そのまま給与明細を作成することも可能です。マイナンバーとの連携も可能であり、必要な処理はすべてクラウド会計ソフト上で完結できるので、これを使わない手はありません。

さらに、従業員がオンラインで給与明細をチェックできる機能もあり、明細の配布にかかる手間やコストを省くことまでできてしまいます。給与明細を配布するとなると、用紙代や印刷代、封筒代などの諸経費を始め、それらを用意するための労働力も必要になってきます。毎月必ず行うことなので、長い目で見ればコストをセーブすることにつながります。しかも、オンラインでの確認だと受け取り間違いなどのミスもなくなるというメリットもあります。

毎月の会計業務を振り返ってみるとかなりの時間を要しているものですが、クラウド会計ソフトを活用することで短い時間で処理が可能となります。お金もエネルギーも節約して、より建設的な方向へ労働力を割くことができるのです。

従来の会計ソフトより優れている点

従来の会計ソフトはコンピューターにインストールして、会計データを入力して使用していました。クラウド会計では、サーバー上でオンラインにてサービスを利用するため、メリットも多いのです。オンラインで処理を行うことで、効率が大幅にアップするということは間違いありません。

具体的な例としては、クラウド会計では人工知能による自動仕訳が可能であり、仕訳のパターンを生かして入力の手間を大幅に削減できます。また、銀行やクレジットカードの情報を読み込むことも、通信を伴う処理だからこそ実現するのです。しかも、全ての情報は暗号化されており、銀行と同等レベルのセキュリティーレベルが保証されているので安心です。こうした点が、従来の会計ソフトと大きく異なるポイントになります。

クラウド会計ソフトは導入コストも安く、中小企業でもすぐに始めることができる点も魅力です。むしろ、中小企業こそクラウド会計を活用して無駄なコストを削減していきたいものです。まだ使ったことのない経営者の方は敷居が高く感じられるかもしれませんが、使い方は各社のホームページにも掲載されているので慣れさえすれば非常に簡単です。早めに導入して、別の仕事にエネルギーを注ぐことをおすすめします。

クラウド会計のまとめ

クラウド会計は、最初の設定には少々時間がかかりますが、一度設定してしまえばあとは経理業務が非常に楽になります。低コストで導入できるにもかかわらず、従来の会計ソフトよりも優れた点が多くあります。

セーブしたエネルギーを使って経営の戦略を練るなど、より建設的な仕事ができるでしょう。

 -会計 , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
数字に弱い経営者の方、必見。 ランディングページイメージ

あなたは、決算書を読み解く作業、例えば数字やデータを見て、現状の問題点や仕入れや経費に使われている額を頭にインプットするという作業に月に3時間以上は費やしていると思います。

実は、シーマグというツールを使うと、文字だらけの決算書の内容を、「ぽいっ」とファイルをアップロードするだけで分かりやすい表やグラフに変換してくれます。

しかも、決算書等のデータは普通、会社の中で睨めっこする事が多いと思いますが、このツールを使うと、スマートフォンでも確認する事が出来るので、外出先や電車の中、ジムでもランチ中でも、どこでも会社の数字を把握する事が出来ます。

表やグラフでカンタンに会社の数字を把握する事が出来るので、決算書を見るのに時間がかかっていた方、そもそも読み解き方がよくわからない方でもカンタンに会社の数字を把握する事が出来ます。

どなたでも無料で使う事が出来ます。

シーマグは無料で使う事が出来ます。
下記のボタンから無料登録ページへ移動して頂き、メールアドレスでカンタンに登録してすぐに使う事が出来ます。

シーマグを無料で使ってみる