社長が見るブログ

若手社長、これから起業する社長が読めば、目から鱗

      2016/03/17
0018

人の寿命は他の動物の3倍!人生を3回楽しむ計画を作る考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

あなたは時間の概念をどう考える

ビジネス書籍の中で常に売れ筋の本といえば、時間管理術ですね。

もちろん私たちの時間は有限なので、その時間を如何に有効活用するかは、ビジネス以外でもとても重要です。

でも普段の生活の中では、なかなか時間の重要性を感じることはありません。

例えば、日本人の寿命は男女平均すると80歳近くになります。80年を日数に直すと、29,200日です。日数にするだけで、なんだかとても少ないように感じませんか?

今30歳の方であれば、残りの人生は18,250日。40歳の人であれば、14,600日です。

日々この数字がカウントダウンされていく中で、私たちは有限である時間をどのように捉えれば良いのでしょうか。

動物毎に寿命は違うけど一生の感覚は同じかも!?

もう一度。「私たちの時間は有限です。」

人にも動物にも全て寿命があります。これは世の中の原理原則として決まっていることです。

例えば野生のネズミだと2~3年、インド象は70年ほどと言われています。「インド象に比べてネズミは寿命が短くて可哀想だな。」と思う人がいるかもしれません。

ところが、ネズミもインド象も寿命を全うした時の心臓の鼓動の数はどちらも20億回程になるそうです。ちょこまかとしたネズミの鼓動は約0.1秒に1回、ゆったりとした象の鼓動は約3秒に1回です。

動物の時間の感じ方は、心臓の鼓動の早さによって変わるという学説があります。

つまり、ネズミもインド象も一生を通して感じる時間の感覚は同じなのかもしれない、ということです。

こちらをご参考に。

寿命を心臓の鼓動時間で割ってみよう。そうすると、哺乳類ではどの動物でも、一生の間に心臓は20億回打つという計算になる。
 寿命を呼吸する時間で割れば、一生の間に約5億回、息をスーハーと繰り返すと計算できる。これも哺乳類なら、体のサイズによらず、ほぼ同じ値となる。
 物理的時間で測れば、ゾウはネズミより、ずっと長生きである。ネズミは数年しか生きないが、ゾウは100年近い寿命をもつ。しかし、もし心臓の拍動を時計として考えるならば、ゾウもネズミもまったく同じ長さだけ生きて死ぬことになるだろう。

象の時間、ネズミの時間

Amazon.co.jp: ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書): 本川 達雄: 本

ちなみに、本来の人間の寿命を鼓動の早さから算出すると30年以下だそうです。

確かに縄文時代の人たちの寿命はその程度だったらしいので、如何に私たちが長生きできる術を培ってきたかということになります。

私たちが時間を意識するのは大人になってから

さて、人間の寿命が本来は30歳だということですが、あなたが「時間を大切に使おう」「しっかりと時間管理をしよう」と思ったのは何歳の時でしょうか。

30歳を超えてからの方が多いのではないでしょうか。

そうです。先程の心臓の鼓動の話で考えるならば、私たちが時間を有効活用しようと考えるのは、本来の人間の寿命が尽きてからということになります。

他の動物の寿命を考えると、人間に与えられた時間はとても贅沢な話だということがわかります。人間は他の動物に比べて、3倍近い時間を与えられていることになりますので。

時間に追いかけられないように計画を立てよう

せっかく人間の寿命が他の動物に比べて3倍の長さがあるので、3回生まれ変わるつもりで3倍楽しんだ方が得です。

—–
最初の寿命(0~30歳):時間をあまり意識しない時期。早い人は20代で30歳前後の自分を想像する。
2回目の寿命(30~60歳):時間を意識しだす。人生で一番忙しい時期だからこそ計画を持って臨みたい。
3回めの寿命(60歳~):余生を楽しむための時間。心の成長や後世に伝えるべきことを考えたい。
—–

人生の計画を立てると言っても、全ての時期を時間に追いかけられるようなスケジュールにしてしまうのでは楽しくありません。

例えば今40代、50代の方であれば、気持ちの面では20代や30代とそれほど大きく変わるわけではないということを知っていますし、20代や30代が想像できない楽しみ方も知っています。

若い内に10年、20年先のことを考えるのは難しいですが、いくつになっても幸せで楽しく過ごすためには、いつ何を頑張らなければいけないか、必要最低限のことは考えておく方が良いでしょう。

人生を3回楽しめる計画を作ろうのまとめ

誰もが「年を取っていくことを考える」のは嫌なものです。

それでも多くの人がいつか年をとった自分に気付きます。その時にあなたが「これまで積み重ねてきた日があったから今日が楽しく過ごせる。」と思えたら最高ですね。

積み重ねていくというのは、日々充実した何かを残していくことだと思います。

これはスティーブ・ジョブズのスタンフォード大卒業式でスピーチをした時の動画です。有名すぎるものですが、字幕付きなので知らない方は一度ご覧ください。

「毎日、今日が人生最後の日かもしれない、と考えるとすれば、いつか、必ずその考えが正しい日が来る。」

刹那的な楽しさではなく、未来を楽しむために今日精一杯がんばり、他の動物の3倍生きたという充実感を持って人生を全うしたいものです。

もちろん、今生きている時間を有効活用するために、時間管理術を追求する行為も忘れないようにしましょう。以下もご参考に。

参考:
私が実践する効果が高くて簡単な時間管理術11選
忘れやすい人必見!エクセル・アプリ不要タスク管理術のコツ

 -その他 ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
数字に弱い経営者の方、必見。 ランディングページイメージ

あなたは、決算書を読み解く作業、例えば数字やデータを見て、現状の問題点や仕入れや経費に使われている額を頭にインプットするという作業に月に3時間以上は費やしていると思います。

実は、シーマグというツールを使うと、文字だらけの決算書の内容を、「ぽいっ」とファイルをアップロードするだけで分かりやすい表やグラフに変換してくれます。

しかも、決算書等のデータは普通、会社の中で睨めっこする事が多いと思いますが、このツールを使うと、スマートフォンでも確認する事が出来るので、外出先や電車の中、ジムでもランチ中でも、どこでも会社の数字を把握する事が出来ます。

表やグラフでカンタンに会社の数字を把握する事が出来るので、決算書を見るのに時間がかかっていた方、そもそも読み解き方がよくわからない方でもカンタンに会社の数字を把握する事が出来ます。

どなたでも無料で使う事が出来ます。

シーマグは無料で使う事が出来ます。
下記のボタンから無料登録ページへ移動して頂き、メールアドレスでカンタンに登録してすぐに使う事が出来ます。

シーマグを無料で使ってみる