19/22ページ

19/22ページ

業務効率化に悩む請求管理でクラウドサービスを使う4つのメリット

請求業務のクラウドサービスとは 社長の方、経理担当の方、社外への請求業務の対応はスムーズにできていますか? 取り引きで売上が発生すると、見積書を発行し、請求書を発行し、入金管理をする一連の請求業務が発生します。もちろん、取引先ごとに売上管理を行うため、手間も時間も掛かります。 この手間やかかる時間を軽減するため、請求業務にクラウドサービスをうまく活用する会社が増えています。 請求業務にクラウドサー […]

起業家は必見。帳簿の付け方で気を付けないといけない3つのポイント

白色申告と青色申告の違い 個人事業の確定申告には、家計簿をつけるのと同じ要領で大まかに帳簿を付けるだけでいいけれども特別控除のない「白色」と、取引の帳簿を細かく記録しなければならないけれどもその分控除額が多くなる「青色」の2種類があります。 さらに青色申告は帳簿の付け方により特別控除の金額が10万円と65万円に分けられているので、選べる方法は全部で3種類あります。 これまで経理の経験がまったくなか […]

  • 2015.02.25

私が実践する効果が高くて簡単な時間管理術11選

世の中には様々な時間管理術がある 世の中には様々な時間管理術があります。 書籍として販売されているだけではなく、ある社長の講演会での謳い文句であったり、テレビで取り上げられたり、インターネット上でまとめられたりと様々です。 ところが同じ時間管理術にもかかわらず、書いてあること、言っていることがバラバラです。 なぜなら、時間管理術に確実なものはなく人それぞれやりやすい方法があるためです。 もちろん私 […]

法人クレジットカードのメリットと小口現金を併用する管理方法

小口現金管理は手間がかかる 消耗品や業務に必要な書籍、急な交通費や社外での食事などはどうやって支払いますか? また、社員が使った経費はどのように金銭処理しますか? 通常の会社であれば、小額の支払いは小口現金で管理していると思います。小口現金は、日々発生する小額な支払いのために担当者などに前渡しされる現金のことです。 ところが、小口現金管理は手間がかかり面倒です。会社によって小口現金管理の方法は様々 […]

税金…社会保険…請求…給与…払えない時の3つの対応方法

キャッシュフローが悪化してしまったら 「あれ?来月キャッシュやばいかも……。」 まぁ、よくある話です。会社経営は常にキャッシュフローとの戦いです。 経営には良い時期と悪い時期の波があり、いくら良い時期が続いても、悪い波が来れば、一発で飲み込まれてしまうこともあります。 もちろん前もって資金調達できることが最善なのですが、そこをコントロールすることは至難の技です。社長であれば、前もって色々な波に対応 […]

最大8000万円融資!倒産防止共済|経営セーフティ共済とは

中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)とは とても素晴らしい制度なのに意外と知らない社長が多いのが、今回説明する中小企業倒産防止共済です。 中小企業倒産防止共済は、別名、経営セーフティ共済と呼ばれており、中小企業基盤整備機構が中小企業や起業したての会社に対して提供している共済制度です。 中小企業は、ちょっとした経営環境の変化、市場環境の変化に影響を受けやすく、気がついた時にはキャッシュフローが […]

  • 2015.02.19

起業時でも無担保で最大3000万円!新創業融資制度とは

起業するなら新創業融資は知っておくべき! 起業時に欠かせないことは、事業計画と資金計画を立てることです。 事業計画書の作り方、資金計画書の作り方はどちらも別途記事化するとして、今日は日本政策金融公庫の制度融資である「新創業融資制度」のご紹介をしたいと思います。 何度でも言いますが、健全な経営を行うためには、十分な資金が必要不可欠です。 そして、資金を確保するための手段として、融資、助成金、補助金の […]

社長必読!今から考えておく10の資金調達方法

融資とは資金調達を行うこと 「うち今ピンチじゃないから、融資の必要はないよ。」 融資=資金調達ではないのですが、資金調達というキャッシュを集める行為は、会社のピンチを救うためだけにあるものではありません。 以前、融資には5つの目的があるということをお話しました。 融資の目的 1.融資は次の事業展開を買うため 2.融資は成長スピードを補う時間を買うため 3.融資はスケールメリットで商売のチャンスを買 […]

営業・財務・投資を8分で理解するキャッシュフロー計算書の見方

今使えるお金を知るキャッシュフロー計算書 「最近売上も調子が良いし、作業効率を上げるために新しい設備投資をしようかな。」 このような場合、会社に使えるお金がいくらあるかを知る必要があります。さて、今使えるお金は何を見れば良いのでしょう。 損益計算書の純利を見る? 貸借対照表の負債と純資産の差し引きを見る? 残念ながら、損益計算書も貸借対照表も会社の一瞬を切り取った数字です。 1,000万円の現金が […]

その融資本当に必要?資金調達が担う5つの目的とは

融資はピンチのためにあるもの? 会社経営者、社長にとって融資が如何に大事なことなのか、もちろんご存じなはずです。 融資とは一体何でしょうか。融資が会社にもたらすことは何でしょうか。 まず、融資とは、資金が必要な個人または法人が、金融機関等から資金を調達することを言います。 また、金融機関は、融資(貸与)した金銭に対して利息を得る目的を持っています。 融資は誰でも気軽に受けられるわけではありませんし […]

1 19 22