当期純利益とは?計算や仕訳方法をわかりやすく解説

当期純利益とは?計算や仕訳方法をわかりやすく解説

当期純利益とは

企業における利益には、差し引く項目の違いにより5つの種類(「売上総利益・営業利益・経常利益・税引前当期純利益・当期純利益」)があります。

「それぞれの違いについて理解できていない」という方も少なくないでしょう。そこで本記事では、企業の最終的な利益である当期純利益について、わかりやすく解説します。

純利益とは、その名の通り企業における純粋な利益のことです。特に、1事業年度における最終的な純利益のことを「当期純利益」と言い、売上からすべての費用と法人税・住民税・事業税の社会的コストを差し引きます。当期純利益は、英語で、「current net earnings」「current net income」「current net profit」などと表現されます。

また、当期純利益率は、売上に対する当期純利益の割合を示したものです。当期純利益がマイナスの場合には、「当期純損失」という呼び方をします。

当期純利益は、企業の収益性・健全性を知るために欠かせない指標の一つです。当期純利益を理解するためにはまず、経常利益・営業利益の2つを理解しておくことが必要です。

営業利益:売上から、本業にかかった費用を差し引いたもの

経常利益:営業利益に、本業以外の損益(利息や受取配当金、不動産賃貸料など)を加えたもの

なぜ当期純利益を把握することが重要なのか?

当期純利益が重要な理由としては、以下の3つが挙げられます。

当期純利益が重要な3つの理由

  1. 企業の収益性、健全性を知ることができるから
    企業の収益性や健全性を表す指標はいくつかありますが、当期純利益もその一つです。自社の状況を把握するための意味合いに加え、対外的な企業の評価指標でもあるため、常に当期純利益を把握し、改善していくことが求められます。
  2. 投資家が注目しているから
    株式会社では、投資家からの資金調達が欠かせません。純利益が大きければ、その分配当金が多く支払われるのではという期待が集まり、投資家からの資金が集まりやすくなります。そのため、資金調達の意味合いからも当期純利益を把握することは重要です。
  3. 繰越利益剰余金を求める際の計算に必要だから
    賃借対照表における「繰越利益剰余金」を求めるためにも、当期純利益を把握する必要があります。繰越利益剰余金は、以下の計算式で求めます。
    繰越利益剰余金=(当期純利益+繰越利益+任意積立金の取り崩し額)—期中配当額—配当に伴う利益準備金積立額
    ※繰越利益:前期に利益として計上されず繰り越された利益のこと。

当期純利益の求め方・仕訳方法

冒頭で当期純利益は、最終的な純利益のことと解説しましたが、ここではもう少し詳しく、その計算方法・求め方について見てみましょう。

各数値がわかっていれば、簡単に当期純利益を求めることが可能です。当期純利益の出し方を理解し、具体的な金額を算出してみましょう。

計算方法
当期純利益=税引前当期純利益(経常利益+特別利益—特別損失)—社会的コスト(法人税+住民税+事業税)

当期純利益の計算方法

  • ※特別利益・特別損失とは、通常の企業における経営活動とは直接係わりのない、その期だけ特別な要因により発生した利益、損失のことです。
  • 仕訳
    貸借対照表において、当期純利益は最後の項目で、利益余剰金を構成する要素です。利益余剰金は純資産の部に位置し、利益準備金とその他利益余剰金から構成されます。当期純利益の蓄積が、その他利益余剰金になります。

当期純利益の高い企業は?

では、実際に日本の企業はどれくらいの当期純利益を上げているのか、ランキング形式見てみましょう。

  1. トヨタ自動車 輸送用機器 東証1部 1.8兆円
  2. ソフトバンクグループ 情報・通信業 東証1部 1.4兆円
  3. 三菱UFJフィナンシャル・グループ 銀行業 東証1部 9264億円
  4. 日本電信電話 情報・通信業 東証1部 8001億円
  5. 三井住友フィナンシャルグループ 銀行業 東証1部 7065億円
  6. 日産自動車 輸送用機器 東証1部 6634億円
  7. NTTドコモ 情報・通信業 東証1部 6525億円
  8. 本田技研工業 輸送用機器 東証1部 6165億円
  9. みずほフィナンシャルグループ 銀行業 東証1部 6035億円
  10. KDDI 情報・通信業 東証1部 5466億円

ここでは10位までのランキングを紹介しましたが、すべて東証一部上場企業が占めています。当期純利益上位には、自動車、通信事業を行う企業が多い点も特徴と言えるでしょう。

当期純利益を改善する方法

「当期純利益をもっと上げたい」「改善したい」という場合には、先ほどの計算式を今一度見直してみましょう。計算式を見ると、当期純利益を改善するためには、経常利益を増やすことが重要であることがわかります。

経常利益自体を上げることも必要ですが、まずは本業での利益である営業利益に注目してみましょう。営業利益は、以下のように計算されます。

営業利益=売上総利益—原価・販売費および一般管理費

営業利益

売上総利益は、売上から売上原価を差し引いたものです。また、原価・販売費および一般管理費は、人件費・光熱費・広告費などが含まれます。

このように、当期純利益の内訳をさらに細かく分け、原因となっている要素を探ります。具体的には、以下の3つの改善方法が考えられるでしょう。

  1. 売上原価を抑える
    売上原価を抑えることで売上総利益は増加するため、結果として当期純利益は増えることになります。商品を販売している事業であれば、原価を抑えることを意識してみましょう。
  2. 人件費・光熱費・広告費を見直す
    構成要素である販売費および一般管理費を減らすことも、当期純利益を改善するためには欠かせないでしょう。例えば、光熱費や広告費を見直し、無駄がないかをチェックします。また、人件費についても改善の余地がないか、考えるべきでしょう。
  3. 売上を増やす
    上述した2つを意識しながらも、同時に売上を上げていくことも重要です。売上だけが高く利益が出ていない状態は望ましくありませんが、売上が上がれば、原価などのコストを見直すことでその分当期純利益を上げることができます。

当期純利益についてのまとめ

当期純利益は、対外的な意味でも重要な指標です。当期純利益の数字が悪いようであれば、売上原価を抑えるなどの改善方法を取る必要があるでしょう。 まずは、今回紹介した計算方法により、自社の当期純利益を把握し、 常に当期純利益の数字を気にかけ、改善を心がけましょう。

多忙な経営者向け無料の経営管理ツール

CTA-IMAGE

会社の数字を見るのが面倒、、と思っていませんか?

このブログを見ている方は、大半が多忙な経営層の方でしょう。 経営者の方は会社の数字を見て、現状の会社の課題や仕入れや経費に使われている額を把握するという作業に月に3時間以上は費やしていると思います。 当ブログを運営するミッションクルー(株)では、 多忙な経営者の方が限られた時間を経営判断にしっかりと時間を割いていただくために、無料の経営管理ツールを開発しました。 シーマグを使えば、月次残高試算表や総勘定元帳のデータをアップロードするだけで、スマホやPCでどこでも会社の状態を見ることができます。 お忙しい経営者の方はぜひご活用ください。

利益カテゴリの最新記事