会社設立

2/3ページ

個人事業主のメリットデメリットと具体的な所得目安

個人事業主は副収入を得る手段の1つに過ぎない 多様化した今の時代、個人が収入を増やす手段は様々です。本業の他にちょっとした副収入を作りたいなら、わざわざ会社(法人)を作る必要はありません。 例えば、インターネットで副収入を得る手段は簡単に思いつきます。アフィリエイトやネット販売を使ったせどり、いらなくなった洋服などのオークション販売などなど……です。 もちろんこれらのちょっとした副業のために、最初 […]

起業に必要な定款とは?提出前の実際の定款サンプル

定款とは? 会社設立の記事でも書いた通り、起業には定款(ていかん)が必要です。 参考: 社長の初仕事は会社設立!起業手続きの8つの流れ 定款(ていかん)とは、社団法人(会社・公益法人・協同組合等)および財団法人の目的・組織・活動・構成員・業務執行などについての基本規則そのもの(実質的意義の定款)、およびその内容を紙や電子媒体に記録したもの(形式的意義の定款)である。また、社団法人とはいえないような […]

顧問税理士の業務内容は?確定申告や訪問費用の目安は?

起業時に出会う税理士は費用対効果が高い! 顧問税理士がどんな仕事をしてくれるか知ってますか? 顧問税理士にどれ位費用がかかるか知ってますか? 私は、回し者ではありませんが、これだけは確実に言えます。 「起業時に出会う優秀な税理士ほど、コスパの高い存在はない!」と。 特に、売上が1億円未満の会社であれば、優秀な顧問税理士との出会いは恩恵を十分に感じることができます。そんな優秀な税理士選びのチェックポ […]

会社名を決める5つのルールとネーミングに使える5Iの法則

会社名の重要性 会社名は社長にとってアイデンティティをあらわすサインであり、名刺や封筒、看板などに使われる重要なコピーの1つです。 もちろん会社名を途中で変更することはできますが、ブランディングにも関係するので、最初にある程度満足できる名前にした方が良いでしょう。 そこで今回は、会社名を考える際に押さえておくべきネーミングルール、会社名をコピーとして活用するための5Iの法則(ファイブアイの法則)の […]

ネット銀行もゆうちょもOK?法人口座開設可能な金融機関の特徴

法人口座の選定基準は? 法人口座は単純に売上が振り込まれるだけの口座ではなく、会社が存在するという信頼の窓口です。そのため、法人口座選びはとても重要です。 では金融機関ならどこでも良いかというとそうではありません。用途に合わせて法人口座を選ぶためには、いくつかの選定基準があります。 そこで今回は法人口座が開設できる都市銀行、地方銀行、信用金庫・信用組合、ネット銀行、ゆうちょ銀行の特徴をご紹介します […]

  • 2015.02.19

起業時でも無担保で最大3000万円!新創業融資制度とは

起業するなら新創業融資は知っておくべき! 起業時に欠かせないことは、事業計画と資金計画を立てることです。 事業計画書の作り方、資金計画書の作り方はどちらも別途記事化するとして、今日は日本政策金融公庫の制度融資である「新創業融資制度」のご紹介をしたいと思います。 何度でも言いますが、健全な経営を行うためには、十分な資金が必要不可欠です。 そして、資金を確保するための手段として、融資、助成金、補助金の […]

融資額が増える!?意外な現物出資の3つのメリット

現物出資のメリットを知ってますか? 「お金がないから起業できない……。」 確かに会社経営にはお金が必要です。でもお金がなければ起業ができないわけではありません。 例えば、あなたがパソコンや自動車など、事業に必要な資産を始めから所有していた場合、これらの”物”を資本金の代わりに出資することが可能です。 これを「現物出資」といいます。現物出資がどのようなものであるか、どんな物が […]

起業2期間きっちり消費税免税メリットを得る4つの方法

社長が一番苦労するのは消費税 起業したばかりの社長、そしてこれから起業をしたい社長はよーーーく覚えておいてください。 会社経営で取り扱いに苦労し、悩みのタネになる税金の筆頭は、ずばり 「消費税!!」 です。(ちなみに税金じゃなければ社会保険料です。) 起業したての時は、事業が軌道に乗るまでは支払う税金を少なく済ませたいですね。 そのため、消費税の特例措置がある起業2期間の消費税免税をどうするか、は […]

資本金の代わりになる現物出資の対象物、手続き方法、注意点

現物出資とは いくら1円起業ができると言っても、全くお金がなければ起業はできません。 なぜなら、場所を確保し、仕入れをし、商品が売れるまでは人件費を捻出し、営業に必要な設備を整え……、会社経営にはお金が必要だからです。 そこで会社経営に必要な資金を予定立て、資本金額の設定をします。資本金は以下の意味を持ちます。 資本金は、「会社を運営するために発行される株式と交換することによって集めた資金」のこと […]

1000万円以上?999万円以下?資本金を決める3つの考え方

悩める資本金はどう決めれば良い? もしあなたが起業するとして手元資金が潤沢にあったら、資本金は1,000万円以上にしますか?それとも999万円以下にしますか? 以下の記事を読めば、どちらに決めた方があなたにとって得なのかをわかってもらえるはずです。 参考: 株式会社設立費用の目安と資本金を決める4つの考え方 ただ、世の中の社長にはゲン担ぎをする方がたくさんいます。何となくキリが良い1,000万円! […]