一括償却資産

減価償却資産の種類と金額毎の効果的な処理方法

減価償却資産が少額の場合の取り扱い 私たち中小企業や個人事業主を助けてくれる制度の1つに、「少額減価償却資産の特例」というものがあります。もちろん社長であれば知っているはず。 「少額減価償却資産の特例」とは、減価償却資産を購入した場合に一定の要件を満たせば、取得価額の相当額を損金計上できるという制度です。 つまり、本来は複数年に渡って償却しなければいけない固定資産が一括で償却できるため、処理がしや […]

中小企業や個人事業主が使える少額減価償却資産の特例とは

少額減価償却資産の特例とは 企業が購入した設備などの資産は固定資産として計上されます。そして、その固定資産の耐用年数に応じて、複数年に渡って減価償却処理されます。 そのため、減価償却される固定資産のことを減価償却資産とも呼びます。 通常、15万円のパソコンは耐用年数4年の減価償却資産、25万円のパソコン用ソフトウェアは5年の減価償却資産として処理しなければいけません。 電子計算機  パーソナルコン […]