損益分岐点とは?その計算法と活用法

損益分岐点とは?その計算法と活用法

損益分岐点とは?

損益分岐点とは、一言で表現すれば「利益がプラスマイナスゼロの状態」です。利益とは、売上高から費用を差し引いた金額であり、赤字でも黒字でもない状態が損益分岐点になります。損益分岐点は「売上=費用」となっているため、赤字と黒字のボーダーラインとも言えるでしょう。

損益分岐点とは
損益分岐点は赤字と黒字のボーダーラインとも言える。

通常、損益分岐点は1年間で計算を行いますが、一定の期間で算出することも可能です。事業を行う上で、どれだけ売上を出せばいいのかを知るために重要な指標の一つと言えます。

変動費と固定費

損益分岐点を理解するためには、「変動費」「固定費」の違いを知る必要があります。損益分岐点の計算では「変動費」「固定費」の数値を使用するため、あらかじめ自社の費用について把握しておきましょう。

 変動費とは?

変動費とは、「売上額に応じて増減する費用」のことです。例えば、商品仕入や製品の原材料・加工費が変動費などに挙げられます。売上を増やすためには、より多くの商品を販売しなくてはいけません。それに伴い、より多くの仕入れをすることになり、その分費用がかかります。一方、事業の縮小を行い、仕入数を減らすというケースでは変動費は減少しますが、それに応じて売上も減少することになります。

人件費は一般的に固定費に分類されますが、一時的に増員した場合などは変動費と捉えることもあります。

 固定費とは?

固定費とは、売上額に関係なく、出ていく金額が決まっている費用のことです。例えば、家賃や固定資産税、人件費や借入金の支払利息などが、固定費に該当します。先ほど解説したように、売上が大きくなるほど変動費は増加することになりますが、固定費は変化しません。そのため、事業を行っている以上は、継続的にかかる費用でもあります。売上額には影響を与えない費用であるため、固定費の削減が損益分岐点を引き下げるためのポイントとも言われています。

損益分岐点の計算方法

損益分岐点は、必要な数字が揃っていれば誰でも簡単に計算することが可能です。一度計算式・求め方を覚えてしまえば、経営状況の分析資料としても利用できるため、これを機に計算式を覚えておきましょう。損益分岐点の計算方法は、以下の通りです。

◆損益分岐点=固定費÷{1-(変動費÷売上高)}

損益分岐点の計算方法
損益分岐点の計算方法。四則演算で簡単に求められる。

仮に固定費1,000万円、変動費500万円、売上高2000万円の場合で数値をあてはめてみると、損益分岐点は1333万円とわかります。

損益分岐点の利用方法

損益分岐点を使用して経営分析をすることを「損益分岐点分析」と言います。「最低でいくら売り上げる必要があるのか」「費用=売上となるラインはどこか」を知る上で、損益分岐点はとても役に立ちます。

加えて、「損益分岐点比率」を理解すると、会社の「安全性」「健全性」を判断することも可能です。損益分岐点比率とは、実際の売上高と損益分岐点売上高の比率のことで、以下のような計算方法で求めます。

◆損益分岐点比率=損益分岐点売上高÷実際の売上高×100

損益分岐点比率の計算方法

損益分岐点売上高は、限界利益(売上高ー変動費)から固定費を引いて求めます。損益分岐点売上高の計算式は以下の通りです。

◆損益分岐点売上高=限界利益-固定費

損益分岐点売上高
損益分岐点売上高の計算式。損益分岐点売上高は、限界利益(売上高ー変動費)から固定費を引いて求める。

先ほどの例で言えば、限界利益は1500万円(売上2000万円—変動費500万円)、固定費は1000万円であるため、損益分岐点売上高は500万円です。損益分岐点比率は、500万円÷2000万円となり25%になります。

これらの式を理解すると、損益分岐点、損益分岐点比率を下げるには「売上を上げる」か「固定費を引き下げる」の2つの方法があることがわかります。

損益分岐点比率の目安

先ほど解説したように損益分岐点比率は、パーセンテージで表されます。数値は低ければ低いほど良く、反対に高いと改善が必要と判断されます。どれくらいの数値が低い(高い)のか、目安を知っておくことで、損益分岐点分析がより意味のあるものになるでしょう。実際に損益分岐点比率の計算を行った上で、ここで紹介する数値を参考にしてみてください。

・80%以下
損益分岐点比率80%以下は、安全水準と判断されます。特に60%以下の場合には、黒字確保に問題がないレベルです。この状態を目標に設定するのもいいでしょう。

・80%台
損益分岐点比率が80%台の場合、標準の水準ですが、急激な景気悪化に左右される可能性があります。日本企業の平均的な数値は80〜90%と言われるため、まずは80%を一つの目安に設定してみるのもいいでしょう。

・91%〜100%
損益分岐点比率が90%台からは、改善が必要な水準とされています。売上の減少が採算の取れるラインに割り込む可能性があるため、売上の増加もしくは固定費などの経費を削減する必要があります。

・101%以上
損益分岐点比率が101%以上になっている場合は、危険水準と言われます。損失が生じている状態のため、採算が取れるラインを大幅に下回っています。倒産リスクを回避するために、改善が急務です。

損益分岐点比率の目安
数値は低ければ低いほど良く、反対に高いと改善が必要

損益分岐点の利用方法

「毎回計算式で算出するのは面倒」という方は、エクセルのテンプレートを利用してみましょう。数字を入れていくだけで、簡単に損益分岐点を知ることができるので重宝します。最後に、損益分岐点の計算に便利なフォーマットを紹介します。

・天野俊裕税理士事務所
損益分岐点分析表(簡易版)

https://www.amano-tax-office.jp/ダウンロード/

簡易版ではあるものの、利益を計上するためには「売上高をあと◯◯円上昇させる」と、具体的な数値で表示をしてくれます。入力する数値の説明がついているので、初めての方でも理解しやすいです。

・決算書のExcelテンプレート
損益分岐点分析.xls/損益分岐点分析.xlsm

http://fsreading.net/analysis/208.shtml

「売上高」「売上原価」など、わずかな項目の入力だけで損益分岐点売上高、損益分岐点比率を算出してくれます。ざっくりとした計算で良い、という方は活用してみてください。

多忙な経営者向け無料の経営管理ツール

CTA-IMAGE

会社の数字を見るのが面倒、、と思っていませんか?

このブログを見ている方は、大半が多忙な経営層の方でしょう。 経営者の方は会社の数字を見て、現状の会社の課題や仕入れや経費に使われている額を把握するという作業に月に3時間以上は費やしていると思います。 当ブログを運営するミッションクルー(株)では、 多忙な経営者の方が限られた時間を経営判断にしっかりと時間を割いていただくために、無料の経営管理ツールを開発しました。 シーマグを使えば、月次残高試算表や総勘定元帳のデータをアップロードするだけで、スマホやPCでどこでも会社の状態を見ることができます。 お忙しい経営者の方はぜひご活用ください。

利益率・原価率カテゴリの最新記事