キャッシュフロー計算書

会社経営の健全性を測るフリーキャッシュフローとは

キャッシュフロー計算書とは 財務3表の中で、お金の流れを明確につかむために必要な計算書類が「キャッシュフロー計算書」です。 キャッシュフロー計算書を少しおさらいしておきましょう。 会社の経営を正しく把握するためには、連続したお金の動きを把握する必要があります。そして、そのためにキャッシュフロー計算書を理解しておかなければいけません。 キャッシュフロー計算書とは、企業の一会計期間のキャッシュ(現金や […]

経営安定性を測るキャッシュフロー計算書の自由資金比率

経営の安定度を測る自由資金比率 会社経営はなるべく不安なく行いたいもの。当たり前ですが「上には突き抜けて、下は底堅く」が理想です。 さて、あなたは”底堅い安定した会社”と聞いてどんな会社をイメージするでしょうか。 —– 上場企業? 資本金が潤沢な企業? 売上が100億円の会社? 社員の離職率が低い会社? 給与体型や福利厚生が良い? 将来的にみても安定 […]

ヒト・モノ・カネの流れがわかる決算書・財務3表の読み方

きちんと決算書を読めますか? 何度も言いますが、決算書は会社の通信簿です。 決算書は会社の業績だけをあらわすものではなく、会社に関する全ての内容が書かれている重要な書類です。 このように考えて決算書を読み込むと、その会社の業績だけを知りたいと思って読むよりも、様々なことが理解できるようになります。 理解できることは、ヒト・モノ・カネ(人・物・金)の流れです。 お金の流れだけではなく、物の流れ、人の […]

決算書から倒産しない会社がわかる!財務3表の3つの指標

なぜ決算書は必要なのか 「なぜ決算処理なんて面倒なことしなきゃいけないんだ……。」 社長だけじゃなく、決算に関わる仕事をしている方でこのように思ったことがある人は多いでしょう。 決算書は会社の通信簿と言われますが、もちろん役割はそれだけではありません。決算書は以下のように、外部に公開しなければいけないシチュエーションがあります。 決算書の開示義務1.全ての法人が税務署に対して 決算書の開示義務2. […]

キャッシュがやばい…資金繰り改善13条で運転資金ショートを防げ

資金繰りを改善するための13条とは 健全な会社運営をするためには、普段からキャッシュフロー計算書を見直し、資金繰りの改善点を探しながら経営を行っていく必要があります。 もちろん、以下の様な資金調達も必要な方法ですが、根本的な経営改善、資金繰り改善を絶えず行い、しっかりとしたルールを作っておかなければ、資金調達が焼け石に水になってしまうこともあります。 資金調達方法1.融資|銀行や信用金庫から 資金 […]

営業・財務・投資を8分で理解するキャッシュフロー計算書の見方

今使えるお金を知るキャッシュフロー計算書 「最近売上も調子が良いし、作業効率を上げるために新しい設備投資をしようかな。」 このような場合、会社に使えるお金がいくらあるかを知る必要があります。さて、今使えるお金は何を見れば良いのでしょう。 損益計算書の純利を見る? 貸借対照表の負債と純資産の差し引きを見る? 残念ながら、損益計算書も貸借対照表も会社の一瞬を切り取った数字です。 1,000万円の現金が […]

貸借対照表|バランスシートの見方を8分でマスターする3ステップ

社会人なら貸借対照表の見方は理解する あなたは新規の大事な取引先との契約時に、こう言われた経験はないですか? 「過去2年分の決算書をください!BS、PL、CSをお願いします。」 当時、新人営業マンだった私は何を言われているのか分からず……。しかもお客さんに言葉の意味を聞くこともできず3日間あたふたした挙句、先輩に相談したら「もっと早く言え!」と怒られた思い出があります。 決算書が会社における会計情 […]