融資

銀行が思わず融資したくなる決算書の12項目

スムーズな経営には銀行評価が大切 会社がスムーズな経営をしていくためには、最適なタイミングで最適な借入を行う必要があります。 もちろん、目的がなく借入を受けてはいけませんし、理由もなく金融機関からの融資を受けてはいけません。まずは、借入を行う目的を明確にしましょう。 融資の目的1.次の事業展開を生む固定資産を買うための融資 融資の目的2.会社の成長スピードを補う時間を買うための融資 融資の目的3. […]

銀行が決算書を格付けする6つの要素と6つの債務者区分

決算書は外部機関に格付けされる重要な書類 どのような企業でも1年に1回は決算を行います。ところが本来事業とは、1年区切りで行われるものではありません。 1日単位の売り上げを重要視する店舗商売から、半年以上、1年以上の期間でプロジェクトが行われる建設業、1つのプロジェクトに何十年という時間を費やす製薬業など事業の時間の単位はさまざまです。 ただ、会社の業績や進行具合を計測するために決められた期間を区 […]

銀行、保証協会、日本政策金融公庫の融資の違い

銀行、保証協会、日本政策金融公庫は融資に重要な機関 あなたは会社の経営に、ちゃんと融資を活用してますか? 「俺は融資なんていらないよ!」という強者の社長を除いて、融資は大切!融資は会社の栄養源です。 個人的には、然るべきタイミングで融資を受けずに会社を成長させようとするのは、余程のお金持ちか、ドM行為だと考えています。 冗談はさておき、融資を受けない・受けたくないと考える社長は次の3つに該当するか […]

融資審査に影響する役員貸付金5つの解消方法

役員貸付金を解消するための方法 以前に、役員貸付金と役員借入金のメリット、デメリットをお話しました。 どちらも必要な場面で活用する分には良いのですが、社長(役員)と会社という近い立場なので、ずるずると貸し借りが続いてしまうとデメリットが大きくなってしまいます。 特に役員貸付金は、法人からの借入なので注意しなければいけません。 役員貸付金とは、法人が役員に対して貸付けているお金をあらわす科目です。 […]

簡単な事業計画書から事業資金融資の必要性を考える方法

事業資金融資を受けたい! 会社設立で大切なことは、事業計画書と資金計画書です。サラリーマン時代に事業計画書を作ったことはあっても、融資計画書を作ったことがある人は少ないでしょう。 初めての会社設立の場合、店舗経営、施設経営、製造業などの設備投資が必要な事業形態とは違い、営業系、IT系、人材ビジネスなど設備投資がいらない業種で起業をする方は、起業当初の融資に抵抗がある方が多いようです。 もしあなたが […]

最大8000万円融資!倒産防止共済|経営セーフティ共済とは

中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)とは とても素晴らしい制度なのに意外と知らない社長が多いのが、今回説明する中小企業倒産防止共済です。 中小企業倒産防止共済は、別名、経営セーフティ共済と呼ばれており、中小企業基盤整備機構が中小企業や起業したての会社に対して提供している共済制度です。 中小企業は、ちょっとした経営環境の変化、市場環境の変化に影響を受けやすく、気がついた時にはキャッシュフローが […]

社長必読!今から考えておく10の資金調達方法

融資とは資金調達を行うこと 「うち今ピンチじゃないから、融資の必要はないよ。」 融資=資金調達ではないのですが、資金調達というキャッシュを集める行為は、会社のピンチを救うためだけにあるものではありません。 以前、融資には5つの目的があるということをお話しました。 融資の目的 1.融資は次の事業展開を買うため 2.融資は成長スピードを補う時間を買うため 3.融資はスケールメリットで商売のチャンスを買 […]

その融資本当に必要?資金調達が担う5つの目的とは

融資はピンチのためにあるもの? 会社経営者、社長にとって融資が如何に大事なことなのか、もちろんご存じなはずです。 融資とは一体何でしょうか。融資が会社にもたらすことは何でしょうか。 まず、融資とは、資金が必要な個人または法人が、金融機関等から資金を調達することを言います。 また、金融機関は、融資(貸与)した金銭に対して利息を得る目的を持っています。 融資は誰でも気軽に受けられるわけではありませんし […]