営業利益率とは?その計算法と具体例

営業利益率とは?その計算法と具体例

利益率とは

利益率は、企業の収益性を知る上で欠かせない指標の1つです。しかし、利益率には「売上総利益率(粗利率)」「売上高営業利益率」などの種類があるため、その区別がわかりづらいと感じている方も多いでしょう。

そこで今回は、「売上総利益率(粗利率)」「売上高営業利益率」2つの営業利益率を解説しながら、具体的な計算方法を紹介します。

利益率とは

売上高営業利益率とは?

売上高営業利益率とは、企業の売上高に対し、営業利益がしめる割合のことです。ここで言う営業利益とは、売上総利益(粗利)から販売費及び一般管理費(販管費)を差し引いたものを指します。

営業利益率の計算方法

売上高営業利益率は、会社の業績や財政状況を評価するために用いられる財務指標の1つで、英語では「ratio of operating profit to net sales」「operating profit on sales」と呼ばれます。

売上高営業利益率の割合が高いほど企業の収益力が強く、本業で利益を生み出す力が高いと評価されます。営業力によって稼いだ利益率、と言い換えることもできるでしょう。

売上高営業利益率の計算

営業利益と売上高の2つの数字が分かっていれば、簡単に売上高営業利益率を計算することができます。求め方は、以下の通りです。

・売上高営業利益率(%)=営業利益÷売上高

売上高営業利益率の計算方法

具体的な例を挙げて計算をしてみましょう。ここでは、営業利益1000万円 売上高5000万円の場合を想定します。

・1000万(営業利益)÷5000万円(売上高)=20%(売上高営業利益率)

 

分子にあたる営業利益の金額が大きい場合に加え、分母である売上高が小さい場合にも売上高営業利益率は上昇します。(営業利益2000万円の場合、売上高2500万円の場合には、売上高営業利益率40%になります)

売上高総利益率とは?

売上高総利益率とは、売上高に対する粗利(売上高総利益)の割合のことです。売上高総利益率は、製品・商品の収益性や採算性を知るために用いられます。

売上高総利益率が高いほど収益性・採算性が高く、良い状態と判断されます。商品力によって稼いだ利益率とも言えるため、仕入れた商品にどれだけの付加価値を付け販売できたかを知る上で、欠かせない指標です。混同しがちな指標ですが、売上高営業利益率は「営業力」、売上高総利益率は「商品力」と覚えておきましょう。

売上高総利益率の計算

売上高営業利益率は売上高と営業利益の2つの項目を使用しましたが、売上高総利益率では、売上高と売上高総利益(粗利)を使用します。売上高総利益とは、営業利益に販売費を加えたものです。

・売上高総利益=営業利益+販売費(もしくは売上高−売上原価)

売上高総利益の計算方法

売上高総利益率の計算方法は、以下の通りです。

・売上高総利益率(%)=売上高総利益÷売上高

売上高総利益率の計算方法

具体的な数字をあてはめてみましょう。ここでは、売上高総利益800万円、売上高5000万円を想定します。

・800万円÷5000万円=16%

この式を見ると、分子である売上高総利益が大きくなる場合と、分母である売上高が下がった場合に売上高総利益率が上昇することがわかります。(売上高総利益1600万円、売上高2500円の場合は32%)

営業利益率の目安

営業利益率は高ければ高いほど収益性が高く、望ましい状態と言えます。年度や業種によって営業利益率は異なりますが、業界の平均・望ましい営業利益率の目安を知っておくことは、経営において非常に重要です。ここでは、一般的な営業利益率の目安を紹介します。

営業利益率の目安

・21%以上
営業利益率21%以上の状態は「儲かりすぎ」な状態とも言えます。もちろん営業利益率は高いに越したことはありませんが、人件費の水準が低すぎないか、取引先に無理を言っていないかなど、社内外の在り方を見直す必要があるかもしれません。

・11%〜20%
営業利益率が11%〜20%の状態は、超優良水準とされています。この状態をキープすることで、成長投資のサイクルを回すことができるため、企業の成長に期待できるでしょう。常にこの水準内を目指しましょう。

・10%
営業利益率が10%の状態は、標準的な水準です。まずは10%を超える営業利益率を、目標に定めるのもいいでしょう。健全な状態との境目でもあるため、安心できる水準ではありません。さらに営業利益率を高める施策を考えましょう。

・9%以下
営業利益率が10%以下の状態は、何かしらの見直しが必要な水準です。まずはこのままでは赤字経営となる営業利益率に転じる可能性があります。

・マイナス
営業利益率がマイナスの場合、赤字の経営となっていることがわかります。再建計画を立て、黒字化を目指す必要があるでしょう。早急な改善が必要です。

売上高営業利益率ランキング

では、2017年における日本企業の売上高営業利益率を見てみましょう。

  1. テラプローブ 103.03%
  2. 全国保証 78.34%
  3. アサックス 67.66%
  4. そーせいグループ 65.55%
  5. FPG 63.67%
  6. 宮越ホールディングス 58.54%
  7. 日本取引所グループ 55.04%
  8. ジャパンインベストメントアドバイザー 54.93%
  9. キーエンス 53.66%
  10. マーキュリアインベストメント 52.79%

データ元:Stockclip「2017年 日本企業 営業利益率 ランキング」
https://www.stockclip.net/markets/日本企業?column=operating_income_ratio

10位以内には、不動産・金融・IT業界の企業が多いことがわかります。いずれも売上高営業利益率50%を超えており、かなり収益力が高いと言えるでしょう。自身の会社と同業種の企業の利益率を調べ、参考にしてみてください。

まとめ

今回は「売上高営業利益率」と「売上高総利益率」とその計算方法について紹介しました。いずれも企業の収益性を知る上で重要な指標です。基本を怠らず、これら2つの指標の基本知識、計算方法をマスターしておきましょう。

多忙な経営者向け無料の経営管理ツール

CTA-IMAGE

会社の数字を見るのが面倒、、と思っていませんか?

このブログを見ている方は、大半が多忙な経営層の方でしょう。 経営者の方は会社の数字を見て、現状の会社の課題や仕入れや経費に使われている額を把握するという作業に月に3時間以上は費やしていると思います。 当ブログを運営するミッションクルー(株)では、 多忙な経営者の方が限られた時間を経営判断にしっかりと時間を割いていただくために、無料の経営管理ツールを開発しました。 シーマグを使えば、月次残高試算表や総勘定元帳のデータをアップロードするだけで、スマホやPCでどこでも会社の状態を見ることができます。 お忙しい経営者の方はぜひご活用ください。

利益率・原価率カテゴリの最新記事