freshworkscrm

1/3ページ
NO IMAGE

導入計画

以降で手順を説明します。 インポートする項目を整理する 現在管理している情報のどの情報をfreshsalesで利用するのかを検討します。 こ […]

NO IMAGE

フィルタ機能

入力項目(フィールド)を指定して、一覧情報をフィルタリング(絞り込み)できます。また、フィルタリング条件は名前を付けて保存することができます。便利な使い方としては、営業会議の際に営業担当者やチーム別にフィルタリングしたビューを呼び出すことで、素早く案件状況の説明に移れます。

NO IMAGE

パイプラインのパーソナル設定

追加したパイプライン(pipeline)のデフォルト設定をログインユーザ毎に設定が可能です。この機能のメリットは、営業マンが販売する商品が決まっている場合は、パイプラインを都度変更する必要がないことです。具体的には、新規案件担当者や既存顧客へのリピート営業といった役割を持たせる場合、販売する商品が決まってきます。そのような場合には、商談(ディール)追加時にいつものパイプラインが既に選択されていることになるので、効率的に登録することができます。

NO IMAGE

パイプラインの追加

パイプライン(pipeline)とは、商談が受注されるまでの過程を管理することで、freshsalesでは、複数のパイプラインを追加し、商品やサービス毎に異なったパイプラインを設定できます。パイプラインを活用することで商談がどこまで進んでいるのかを視覚的に確認することができます

NO IMAGE

ロールの登録

リードや連絡先等の閲覧、編集、削除等の設定をロールとして登録し、そのロールをユーザに設定することで、ロール内容の権限をユーザに設定することができます

NO IMAGE

ロールの変更

リードや連絡先等の閲覧、編集、削除等の設定をロールとして登録し、そのロールをユーザに設定することで、ロール内容の権限をユーザに設定することができます

1 3