「キャッシュフロー」の検索結果 46件

1/5ページ
  • 2018.03.19

キャッシュフローとは?キャッシュフロー経営について徹底解説!

皆さんは、「キャッシュフロー」という仕組みを理解し、正しく経営に活かせていますか?この記事は、キャッシュフローの仕組み、キャッシュフロー計算書の作成方法を知りたいという社長に向けての情報です。 キャッシュフローとは? キャッシュフローとは何か キャッシュフローとは、簡単にいうと「お金の流れ」のことを指します。直訳すると現金流量となります。特に、スタートアップの企業にとって重要です。このキャッシュフ […]

営業キャッシュフローは直説法と間接法どちらで作るべき?

営業キャッシュフローの直接法と間接法 会社経営に欠かせないものはお金です。当たり前ですね。 会社に必要な経営資源は「ヒト・モノ・カネ」ですが、最近は情報と時間が加わり「経営資源の5要素」と言われるようになりました。 ちなみに、「ヒト・モノ・カネ」はカタカナで書くことが一般的でしたが、情報と時間が加わったことで「人・物・金・情報・時間」と書くことが増えているようです。特に決まりはありません。 経営資 […]

会社経営の健全性を測るフリーキャッシュフローとは

キャッシュフロー計算書とは 財務3表の中で、お金の流れを明確につかむために必要な計算書類が「キャッシュフロー計算書」です。 キャッシュフロー計算書を少しおさらいしておきましょう。 会社の経営を正しく把握するためには、連続したお金の動きを把握する必要があります。そして、そのためにキャッシュフロー計算書を理解しておかなければいけません。 キャッシュフロー計算書とは、企業の一会計期間のキャッシュ(現金や […]

経営安定性を測るキャッシュフロー計算書の自由資金比率

経営の安定度を測る自由資金比率 会社経営はなるべく不安なく行いたいもの。当たり前ですが「上には突き抜けて、下は底堅く」が理想です。 さて、あなたは”底堅い安定した会社”と聞いてどんな会社をイメージするでしょうか。 —– 上場企業? 資本金が潤沢な企業? 売上が100億円の会社? 社員の離職率が低い会社? 給与体型や福利厚生が良い? 将来的にみても安定 […]

営業・財務・投資を8分で理解するキャッシュフロー計算書の見方

今使えるお金を知るキャッシュフロー計算書 「最近売上も調子が良いし、作業効率を上げるために新しい設備投資をしようかな。」 このような場合、会社に使えるお金がいくらあるかを知る必要があります。さて、今使えるお金は何を見れば良いのでしょう。 損益計算書の純利を見る? 貸借対照表の負債と純資産の差し引きを見る? 残念ながら、損益計算書も貸借対照表も会社の一瞬を切り取った数字です。 1,000万円の現金が […]

運転資金とは?その計算法と注意すべきポイント

運転資金とは? 運転資金とは、企業の経営を行う上で必要な資金(仕入れの費用、給与など)を意味し、英語では「working capital」もしくは「operating capital」と表現されます。 事業を行う上で必要になる「立替金」とも定義され、一般的には事業活動による売上の入金や金融機関からの融資を運転資金に充てます。運転資金は企業における「血液」とも言われ、事業を行う上で必要不可欠なもので […]

5分でわかる資金繰り表の基本と作り方

健全な経営を続けていくのに大切なのが資金繰りを安定させること。売上と支出のタイミングは必ずしも一致するとは限りません。仕入や売掛金がある場合、入出金のタイミングは複雑になります。このタイミングを見誤ると、預金が底を尽きて黒字倒産に陥ることも。そこで大切になるのが資金繰り表です。資金繰り表をつけていれば財務状況を可視化でき、未然に対策を打つことができます。そこで本日は、資金繰り表を作成するメリットと […]

どんぶり勘定は危険!黒字倒産を回避するためのコツ

どんぶり勘定を行っている中小企業の会社経緯者は、倒産についての危機意識を持ったことがあるでしょうか。 そのときはうまくいっていても、大雑把な会計を続けていると「黒字倒産」に陥る可能性もゼロではありません。今回は、黒字倒産の実態と回避するためのコツを解説していきます。 どんぶり勘定が危険な理由 売り上げがそれなりにある経営者からすると、企業の「倒産」は無縁なものと思っていることも多いでしょう。 企業 […]

社長1人でも必要?社会保険の加入手続き方法

社長1人でも社会保険は必要? 社長が1人で会社(法人)を設立することはよくあることです。さてここで問題です。 「社長1人の会社は社会保険に加入しなければいけないでしょうか?」 ……正解は「社長1人の会社でも社会保険は強制加入」です! 現在は法人の場合、社長1人の会社でも社会保険の対象になりますが、以前は雇用保険・労災保険に入れば、残りは国民年金・国民健康保険の加入でも認められていました。 その名残 […]

在庫が経営に与えるメリットデメリット

世の中に絶対儲かる商売はあるのか? 絶対に儲かる商売とは何でしょうか。……まぁ……そんなものはありませんが、 —– ・利益率の高い商売 ・在庫を持たない商売 ・定期的に一定額の収入が入ってくる商売 ・資本ゼロあるいは小資本で始められる商売 —– 上記はホリエモンが、起業する際に「ほぼ儲かる・ほぼ成功する条件」とブログで話していたものです。確かにこれだ […]

1 5
:)