経理

営業利益率とは?その計算法と具体例

利益率とは 利益率は、企業の収益性を知る上で欠かせない指標の1つです。しかし、利益率には「売上総利益率(粗利率)」「売上高営業利益率」などの種類があるため、その区別がわかりづらいと感じている方も多いでしょう。 そこで今回は、「売上総利益率(粗利率)」「売上高営業利益率」2つの営業利益率を解説しながら、具体的な計算方法を紹介します。 売上高営業利益率とは? 売上高営業利益率とは、企業の売上高に対し、 […]

アウトソーシングを経理の分野でも!メリットとデメリットは?

経営におけるアウトソーシングという考え方が、様々な企業に広がっています。数十年前までは、自社にないものを外注したり委託したりすることでそれらのサービスを代用する、という考えでした。例えば自社に大きな倉庫がないので倉庫業務を委託して、そこから自社の商品を発送するとか、必要な人材を自社で探す手間を省くために人材を外部に委託するなどの企業が一般的でした。 近年はより戦略的なアウトソーシング、経営戦略の一 […]

最強経営は経理にあり!面倒な経理で業績が上がる8つの理由

経理業務は疎かにされがち 日々忙しく営業に奔走している社長に質問です。 —– 経理業務を後回しにしていませんか? 経理業務を人任せにしていませんか? —– 中小企業、特に起業したての会社は、経理作業の大半が社長の仕事だということも多いはず。社長の中には「経理は後回し、とにかく営業!」「製造・開発で手一杯、経理に人を雇う余裕はない!」という方も多いよう […]

社員や社長が個人的に使える?法人カードのポイント仕訳方法

ポイントカードやクレジットカードのポイントはどう仕訳すべき? 私たちの周りには様々なポイントカードやクレジットカードがあります。それらのカードに付帯するポイントは法人であっても、個人と同様に貯めることができます。 具体的な名前を挙げると、様々な場所で使えるPontaカードやTカード、家電量販店のヨドバシ、ビックカメラ、ヤマダ電機などのポイントカード、また先日お話した法人クレジットカードまで多数(カ […]

業務効率化に悩む請求管理でクラウドサービスを使う4つのメリット

請求業務のクラウドサービスとは 社長の方、経理担当の方、社外への請求業務の対応はスムーズにできていますか? 取り引きで売上が発生すると、見積書を発行し、請求書を発行し、入金管理をする一連の請求業務が発生します。もちろん、取引先ごとに売上管理を行うため、手間も時間も掛かります。 この手間やかかる時間を軽減するため、請求業務にクラウドサービスをうまく活用する会社が増えています。 請求業務にクラウドサー […]

法人クレジットカードのメリットと小口現金を併用する管理方法

小口現金管理は手間がかかる 消耗品や業務に必要な書籍、急な交通費や社外での食事などはどうやって支払いますか? また、社員が使った経費はどのように金銭処理しますか? 通常の会社であれば、小額の支払いは小口現金で管理していると思います。小口現金は、日々発生する小額な支払いのために担当者などに前渡しされる現金のことです。 ところが、小口現金管理は手間がかかり面倒です。会社によって小口現金管理の方法は様々 […]

決算書見せて!4つの開示義務と3つの任意開示

決算書は他人に開示することがある さて今日は、決算書は他人に見せなければいけないことがある、というお話です。 まずは決算書のおさらいをしておきましょう。 企業が利害関係者(債権者や投資家等)に、一定期間の財務状態や経営成績を報告するための書類。財務諸表ともいう。主に貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書があり、これらを「財務3表」と呼ぶ。 参考: 貸借対照表|バランスシートの見方を8分でマ […]

会計と経理と財務の違いとは?意味と担う役割の図説

経理と会計と財務の違い 会社のお金の動きを理解して、計算して、今の状況を把握したり、未来を見据えて数字の予測をしたり……。もちろんあなたの会社で行っていることです。 こういったお金の管理や計算のことを「会計」と言いますか?「経理」と言いますか?それとも「財務」なんて言ったりしますか? 「全部お金の動きのことでしょ?それは経理に任せてあるよ。」 いいえ、会計と経理と財務は似ているようですが意味が違い […]

貸借対照表|バランスシートの見方を8分でマスターする3ステップ

社会人なら貸借対照表の見方は理解する あなたは新規の大事な取引先との契約時に、こう言われた経験はないですか? 「過去2年分の決算書をください!BS、PL、CSをお願いします。」 当時、新人営業マンだった私は何を言われているのか分からず……。しかもお客さんに言葉の意味を聞くこともできず3日間あたふたした挙句、先輩に相談したら「もっと早く言え!」と怒られた思い出があります。 決算書が会社における会計情 […]