会計と経理と財務の違いとは?意味と担う役割の図説

会計と経理と財務の違いとは?意味と担う役割の図説

経理と会計と財務の違い

会社のお金の動きを理解して、計算して、今の状況を把握したり、未来を見据えて数字の予測をしたり……。もちろんあなたの会社で行っていることです。

こういったお金の管理や計算のことを「会計」と言いますか?「経理」と言いますか?それとも「財務」なんて言ったりしますか?

「全部お金の動きのことでしょ?それは経理に任せてあるよ。」

いいえ、会計と経理と財務は似ているようですが意味が違います。

そして、会社が大きくなるほどこの3つの言葉は明確に違うものになりますし、会社経営で頻繁に使われるようになっていきます。

そのため、社長であればこの言葉の意味を間違えて使ってしまってはいけないのです。

今回は、会計と経理と財務の言葉の意味をしっかりと把握して、今後使い分けをできるようにしましょうというお話しです。

会計とは?

まず会計(英語ではアカウンティング(Accounting)と呼ぶ)について説明します。

飲食店などに行って支払いをする際に「お会計お願いします。」と言います。この時の会計はお金の計算を意味します。

また、家計簿をつけること、国や団体のお金の管理のことも会計と言ったりします。

会計の本来の意味は、「お金の出入りを帳簿などに記録すること」です。お金単体だけでなく、お金と物の交換によってお金がプラスされたり、物がマイナスされたりなどの記録も全て会計にあたります。

会計とは
会計とはお金の出入りを帳簿などに記録すること。

後ほど詳しくご説明しますが、会計には、管理会計と財務会計の2種類があります。
それぞれ目的が異なります。

経理とは?

経理とは?

経理とは正式には経営管理という言葉の略称です。

会社の中に経理部があっても、会計部というものはあまり聞いたことがありません。そのため、経理は会計と全くの別物と考えている方もいるかもしれませんが少し違います。

経理は、会計の中のお金の処理の1つです。

会計の中でも、より公的な会社業務に繋がるお金の処理のことを経理と言います。伝票の起票、帳簿記帳、請求、支払い、税金の申告、決算書の作成などが経理の仕事にあたります。

つまり、会社内外で流れているお金の情報を収集して、決められたルールで体系化してまとめ、貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)、キャッシュ・フロー計算書(C/S)などの計算書類にすることが経理です。

人員に余裕がある会社はここで決算書(財務諸表)が作られる場合が多いはずです。

経理とは
経理は会計の中でも、帳簿記帳、請求、支払い、決算書の作成等、公的な会社業務に繋がるお金の処理のこと。

大事な経理の役割

計算書類を作成することが経理か。そう思った貴方。侮ってはいけません。

誤解されがちなのですが、経理の役割は単に書類を作成することではありません。

経営資源と言われる「ヒト」・「モノ」・「カネ」などを管理し、企業の目指す所に向けて最適な活用法を検討することが経理の重要な役割です。

経理とは
経営資源の活用法を検討することも経理経(経営管理)の重要な役割

そのため、小規模な企業であれば、社長が一人で経営管理を行うこともありますが、企業の規模が大きくなればなるほど、経理専門の部署が設けられることが多いです。

財務とは?

財務も会計や経理の仲間なのか?と言われると、こちらも実は違います。そして、一番勘違いされるのが財務です。

勘違いの原因は、貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)、キャッシュ・フロー計算書(C/S)などの決算書を経理が作成することがあるためでしょう。

さらに、次で説明する「財務会計」との混同もあると思います。

財務の仕事は、企業の資金調達(銀行融資、株式発行など)、予算管理、資金調達、資金運用(投資、M&Aなど)などです。

財務担当の仕事は、金融機関と折衝するための専門知識と先を見据えた計画実行能力が必要になります。ただし、中小企業では財務担当者を置くケースは少なく、経理担当者や社長が財務を担当する場合がほとんどです。

経理は企業から出ていく経費や利益の算出を担当し、財務は事業活動に必要なお金を集めて管理する業務とイメージすればわかりやすいと思います。

経理と財務は違う
経理と財務の関係

なお、財務管理については、以下の記事でも詳しく記載しておりますので、ご参照ください。

経営者として知っておきたい財務管理の基本

会計には管理会計と財務会計がある

さて、会計と経理の関係をもう少し掘り下げてみましょう。

会計の中には、「管理会計」と「財務会計」があります。

 

管理会計と財務会計
企業会計は管理会計と財務会計からなる

管理会計とは?

管理会計は社内において経営者や企業内部の管理者に対する情報提供を目的とする会計のことです。いわば売上管理、コスト管理、利益管理、及び分析です。

これらの管理は部署単位で行われたり、経営企画部でまとめられたりしていますね。そのため数値情報の収集作業も含めると、会社の中で管理会計に携わっている人は割と多くいることになります。

管理会計とは
管理会計は売上やコストの管理など社長などの社内管理者への情報提供を目的とした会計

財務会計とは?

次に財務会計とは、決算書等の会計情報を企業内外に公表することを目的とした会計のことです。

つまり、公的に決められたルールに従って伝票の起票、帳簿記帳、請求、支払い、税金の申告によるお金の流れをまとめ、決算書を作成する行為になります。経理業務全般だと思って良いでしょう。

財務会計とは

株主、債権者、取引先などの利害関係者に向けた財務諸表の作成・報告を目的とした会計

財務会計と管理会計の違い

財務会計と管理会計では作る目的、見せる相手が異なります。

まず、管理会計は、自社内で活用するための会計情報です。そのため、決められた方法はなく、自社で経営者や管理者向けに、経営計画を立てる際に必要な情報をわかりやすくまとめる必要があります。
一方、財務会計は社外のステークホルダー(利害関係者)に対し、自社の経営実績を報告し、利害を調整したり、税務署へ提出するための会計情報ですので、定められたルールに則り会計処理を行う必要があります。

財務会計と管理会計の違い
作成する目的や見せる相手が異なる

会計と経理と財務の違いのまとめ

私たちの会社は、大きく会計と財務の両輪があって運営されています。というわけで、それぞれざっくりまとめてみましょう。

会計と経理と財務の違いのまとめ

会計…お金に関する記録、計算、管理全般のこと。入出金の管理のこと。
管理会計…経営者や企業内部の管理者に対する情報提供を目的とする会計のこと。
財務会計…決算書等の会計情報を、企業内外に公表することを目的とする会計のこと。
経理…主にお金に関する情報を識別し、測定し、伝達するプロセスのこと。
財務…会計情報を元に会社の資金計画を立てたり、会計の流れとは別のお金の流れを生みだす行為(資金調達など)のこと。

このようになります。矢印は情報の流れです。

事業活動で発生した数字が「管理会計」でまとめられ、「財務会計」内の「経理」に渡されます。
「経理」ではお金の計算がされ決算書などが作られ「財務」に渡されます。
「財務」は決算書などを元に資金運用を企画したり、資金繰り先と折衝をします。

会社の体制によって決算書を作る行為を外部依頼したり、財務を社長が行うなどの違いはありますが、会計と財務の連携がうまくとれていないと会社経営は良くなりません。

そして社長は、会計が作った決算書に責任を持たなければいけませんし、財務が計画した資金運用や資金繰りの最終判断をしなければいけません。

やはり、社長は数字に強くないといけないですね。

「数字につよくなりたいんだけど、時間が無いんだよ…。」という社長は、私たちが無料で提供している「Seamag(シーマグ)」を使ってみてください。

シーマグは、あなたの経理データをパソコン、タブレット、スマホから閲覧できる無料のWEBサービスです。

経理データを取り込むと、数字を見やすく配置し、グラフに変えてくれるので、経理が直感的に把握できるという良いサービスなんです(自分で言うのもなんですが)。

以下の「シーマグを無料で使ってみる」から、お気軽にどうぞ。

多忙な経営者向け無料の経営管理ツール

CTA-IMAGE

会社の数字を見るのが面倒、、と思っていませんか?

このブログを見ている方は、大半が多忙な経営層の方でしょう。 経営者の方は会社の数字を見て、現状の会社の課題や仕入れや経費に使われている額を把握するという作業に月に3時間以上は費やしていると思います。 当ブログを運営するミッションクルー(株)では、 多忙な経営者の方が限られた時間を経営判断にしっかりと時間を割いていただくために、無料の経営管理ツールを開発しました。 シーマグを使えば、月次残高試算表や総勘定元帳のデータをアップロードするだけで、スマホやPCでどこでも会社の状態を見ることができます。 お忙しい経営者の方はぜひご活用ください。

会計・経理カテゴリの最新記事